従来のエスプレッソマシン

Classe 20 SB Tall

自動ドージングと Steady Brew 技術 (SB) が搭載された背の高い 2 または 3 グループ (トールタイプ) から選べるシングルボイラーエスプレッソマシン。

Groupheads
バージョン 自動
バージョン 自動
  • イノックス + ブラック
  • イノックス + ブラック

技術的な仕様

  • 標準
  • オプション
寸法
  • 775 mm / 30.5 inch
  • 550 mm / 21.6 inch
  • 568 mm / 22.4 inch
  • 74 kg / 163.1 lb
  • Yes
  • 145 mm / 5.7 inch
インターフェイスとオプション
  • 4.3''
  • No
抽出技術
  • Steady Brew (SB)

    ランチリオの Steady Brew (SB) 技術は、従来のサーモサイフォン方式を進化させ、すべてのシングルボイラー式エスプレッソマシンの性能を向上させるために設計された一連の革新的な機能を導入しています。
    抽出中の水温を安定させることで、Steady Brew は、繁忙期でも使用頻度の低い時でも、優れた熱安定性、信頼性、最大の再現性を保証します。
    ランチリオの特許取得技術

  • Brass
  • X-Tea

    バリスタは、水の量や温度レベルをインターフェイスでプログラムすることができます。
    ランチリオの特許取得技術

  • 熱湯ノズル
スチーム
  • C-lever

    C-lever スチームバルブは、ノブをわずか 25°回転させて操作します。上方向に回すと、バルブは開いたままになります。下方向に回すとバルブが開き、離すと自動的に閉じる仕組みになっています。

カップウォーマー
  • Temperature sensor
出力
  • 4710 – 4850 (220 – 240V~/380-415V3N~, 50–60 Hz) 4710 – 4850 (220 – 240V~, 60 Hz) W
  • Fixed water connection
油圧回路
  • 11 liter
デザイン
  • LED ライト
    White LED lights positioned under the group heads provide excellent illumination for the work area.
  • グリッドシステム

    取り外しできるカップトレイのグリッドには、傷がつきにくいポリマーが使用されており、食洗機にも対応していて便利です。コーヒーの残留物が直接ドレントレイに流れるように設計されており、作業エリアを清潔に保つことができます。

  • トール
    This version has a taller working area and can accommodate cups up to 14.5 cm in height. It also features an extractable rise plate for traditional espresso cups.
  • 人間工学に基づいたポルタフィルター

    The chrome-plated brass portafilter, with an ergonomic handle designed to balance the weight, holds coffee filters up to a capacity of 21 g, ensures stability when pressing, and eases wrist movements for the barista. The portafilter handles may be personalized.

グリーン
  • ABM

    ABMは、激しい使用環境下でマシンのパフォーマンスを向上させるために開発された専用ソフトウェアです。エスプレッソの抽出、水の供給、ミルクのスチームを同時に行う際、ABM はあらかじめ設定した圧力以下にならないようにヒーターが作動し、温度の低下を防ぎ、安定した加熱レベルを確保します。
    ボイラー圧力の制御は、複数のグループヘッドを集中的に同時使用する場合に合わせて最適化されています。そのような場合、ABMは圧力最小値0.5 bar未満にならないよう、ボイラー圧力が適切なレベルに戻るまで水の供給を停止します。
    また、ABMではマシンの消費電力を制御することができ、電力供給量が少ない場合には通常の2/3に減らすことができます。
    iSteamノズル搭載のエスプレッソマシンでは、ABMはボイラーヒーターの出力を高めてスチーム抽出能力も上げることにより、さらに加熱し、ミルクを泡立てる際の圧力低下を減らします。
    ランチリオの特許取得技術

  • 自動オン/オフ機能

    マシンは、各曜日に対して自動オン/オフ設定(Classe 11、Classe 20)または自動起動時刻と動作継続時間の設定(Classe 9、Classe 7)が可能です。

クリーニングとメンテナンス
  • Snap&Share

    Snap&Share は、QR コードリーダーアプリで、エスプレッソマシンの技術設定の共有、メンテナンス作業の記録、消費量のモニター、保証を有効にするための新製品の登録などが可能です。

  • クリーニングが簡単

    Easy Clean は、グループヘッドのクリーニングプロセスを管理しているので、クリーニングをすべて自動で行うことができます。バリスタはサイクルを開始するだけで、マシンが自動的にクリーニングとすすぎの作業を行います。
    すべてのモデル(ただしClasse 5ユニットをのぞく)で、Easy Cleanは、毎日アラーム(Classe 11モデルでは3つのアラーム)を設定してクリーニングサイクルの必要性を警告したり、クリーニングサイクルが発生した場合にマシンを任意にブロックしたり、実行されたすべてのクリーニングサイクルの履歴を表示したりすることもできます。もできます。

  • 高度な診断

    「技術」メニューには「サービス」機能があり、タッチスクリーンからすべての回路や各種部品 (ポンプ、電磁バルブ、ヒーター、センサー、フローメーター) が正常に作動しているかどうかを素早く確認できます。

追加オプション
  • iSteam
  • RGB ライト
  • T-Switch

    4つのポジションのあるT-Switchにより、シングルボイラーのコーヒーマシンでも、グループごとに異なる抽出温度を設定することができます。ボイラーを 1.0バールに調整することで、各グループに約 90℃、93℃、96℃、99℃ の温度を設定することができ、コーヒーの種類に応じた適切な抽出温度を常に利用できます。T-Switch は、設置時に専門の技術者がカップウォーマーを外すことによってのみ調整することができます。

  • カップウォーマー
  • 接続

    Connect は、ランチリオグループ によって開発されたパワフルな IoT ソリューションであり、1 台のコーヒーマシンまたはフリート全体から生成されるすべての価値関連データを収集し簡単に分析できます。ウィジェット、表、グラフを含むカスタマイズ可能なダッシュボードを介して、Connect はすぐに使用できるデジタルツールキットを提供し、主要なパフォーマンスパラメーターをリアルタイムで監視し、コーヒービジネス全体をサポートします。

  • 標準 / オプション / なし

    Pods&Capsキットにより、すべてのランチリオエスプレッソマシンをポッド式とカプセル式のコーヒーに使用できます (使用可能なシステムによります)。

寸法
  • 1015 mm / 39.9 inch
  • 550 mm / 21.6 inch
  • 568 mm / 22.4 inch
  • 85 kg / 187.4 lb
  • Yes
  • 145 mm / 5.7 inch
インターフェイスとオプション
  • 4.3''
  • No
抽出技術
  • Steady Brew (SB)

    ランチリオの Steady Brew (SB) 技術は、従来のサーモサイフォン方式を進化させ、すべてのシングルボイラー式エスプレッソマシンの性能を向上させるために設計された一連の革新的な機能を導入しています。
    抽出中の水温を安定させることで、Steady Brew は、繁忙期でも使用頻度の低い時でも、優れた熱安定性、信頼性、最大の再現性を保証します。
    ランチリオの特許取得技術

  • Brass
  • X-Tea

    バリスタは、水の量や温度レベルをインターフェイスでプログラムすることができます。
    ランチリオの特許取得技術

  • 熱湯ノズル
スチーム
  • C-lever

    C-lever スチームバルブは、ノブをわずか 25°回転させて操作します。上方向に回すと、バルブは開いたままになります。下方向に回すとバルブが開き、離すと自動的に閉じる仕組みになっています。

カップウォーマー
  • カップウォーマー

    カップウォーマーはエスプレッソやカプチーノのカップを常に適温に保つことができます。

  • Temperature sensor
出力
  • 6410 – 6580 (220 – 240V~/ 380-415V3N~, 50 – 60 Hz) 5410 – 5580 (220 – 240V~, 60 Hz) W
  • Fixed water connection
油圧回路
  • 16 liter
デザイン
  • LED ライト
    White LED lights positioned under the group heads provide excellent illumination for the work area.
  • グリッドシステム

    取り外しできるカップトレイのグリッドには、傷がつきにくいポリマーが使用されており、食洗機にも対応していて便利です。コーヒーの残留物が直接ドレントレイに流れるように設計されており、作業エリアを清潔に保つことができます。

  • トール
    This version has a taller working area and can accommodate cups up to 14.5 cm in height. It also features an extractable rise plate for traditional espresso cups.
  • 人間工学に基づいたポルタフィルター

    The chrome-plated brass portafilter, with an ergonomic handle designed to balance the weight, holds coffee filters up to a capacity of 21 g, ensures stability when pressing, and eases wrist movements for the barista. The portafilter handles may be personalized.

グリーン
  • ABM

    ABMは、激しい使用環境下でマシンのパフォーマンスを向上させるために開発された専用ソフトウェアです。エスプレッソの抽出、水の供給、ミルクのスチームを同時に行う際、ABM はあらかじめ設定した圧力以下にならないようにヒーターが作動し、温度の低下を防ぎ、安定した加熱レベルを確保します。
    ボイラー圧力の制御は、複数のグループヘッドを集中的に同時使用する場合に合わせて最適化されています。そのような場合、ABMは圧力最小値0.5 bar未満にならないよう、ボイラー圧力が適切なレベルに戻るまで水の供給を停止します。
    また、ABMではマシンの消費電力を制御することができ、電力供給量が少ない場合には通常の2/3に減らすことができます。
    iSteamノズル搭載のエスプレッソマシンでは、ABMはボイラーヒーターの出力を高めてスチーム抽出能力も上げることにより、さらに加熱し、ミルクを泡立てる際の圧力低下を減らします。
    ランチリオの特許取得技術

  • 自動オン/オフ機能

    マシンは、各曜日に対して自動オン/オフ設定(Classe 11、Classe 20)または自動起動時刻と動作継続時間の設定(Classe 9、Classe 7)が可能です。

クリーニングとメンテナンス
  • Snap&Share

    Snap&Share は、QR コードリーダーアプリで、エスプレッソマシンの技術設定の共有、メンテナンス作業の記録、消費量のモニター、保証を有効にするための新製品の登録などが可能です。

  • クリーニングが簡単

    Easy Clean は、グループヘッドのクリーニングプロセスを管理しているので、クリーニングをすべて自動で行うことができます。バリスタはサイクルを開始するだけで、マシンが自動的にクリーニングとすすぎの作業を行います。
    すべてのモデル(ただしClasse 5ユニットをのぞく)で、Easy Cleanは、毎日アラーム(Classe 11モデルでは3つのアラーム)を設定してクリーニングサイクルの必要性を警告したり、クリーニングサイクルが発生した場合にマシンを任意にブロックしたり、実行されたすべてのクリーニングサイクルの履歴を表示したりすることもできます。もできます。

  • 高度な診断

    「技術」メニューには「サービス」機能があり、タッチスクリーンからすべての回路や各種部品 (ポンプ、電磁バルブ、ヒーター、センサー、フローメーター) が正常に作動しているかどうかを素早く確認できます。

追加オプション
  • iSteam
  • RGB ライト
  • T-Switch

    4つのポジションのあるT-Switchにより、シングルボイラーのコーヒーマシンでも、グループごとに異なる抽出温度を設定することができます。ボイラーを 1.0バールに調整することで、各グループに約 90℃、93℃、96℃、99℃ の温度を設定することができ、コーヒーの種類に応じた適切な抽出温度を常に利用できます。T-Switch は、設置時に専門の技術者がカップウォーマーを外すことによってのみ調整することができます。

  • カップウォーマー
  • 接続

    Connect は、ランチリオグループ によって開発されたパワフルな IoT ソリューションであり、1 台のコーヒーマシンまたはフリート全体から生成されるすべての価値関連データを収集し簡単に分析できます。ウィジェット、表、グラフを含むカスタマイズ可能なダッシュボードを介して、Connect はすぐに使用できるデジタルツールキットを提供し、主要なパフォーマンスパラメーターをリアルタイムで監視し、コーヒービジネス全体をサポートします。

  • 標準 / オプション / なし

    Pods&Capsキットにより、すべてのランチリオエスプレッソマシンをポッド式とカプセル式のコーヒーに使用できます (使用可能なシステムによります)。

製品に関するサポートを受けることができます。

私たちのサポートチームと連絡を取ることを躊躇しないでください。

サポートページ